伝わることのない想い

拝啓A様

ご無沙汰しています。いかがお過ごしでしょうか?
私は、相も変わらず、どうしようもない人間のままです。
自尊心が強いくせに、それに伴う忍耐力や能力に欠けた、あなたが昔、思ったような欠陥品のままです。
しかしながら欠陥品は欠陥品なりに思うこと、目標などが、その生きる刹那に湧き上がります。
私は、思うのです。人を変えようなんて、弱くて自分勝手な人間がすることと。
だから自分が変われるように研鑽していきます。
今年の目標は、人を憎まないことです。もともと私は、それほど人を激しく憎む人間ではないと、自分では思っています。しかしながら、今なお、どうしても激しい憎悪を抱いてしまう時がしばしばあります。
私は思うのです。人を憎むのはとても簡単なこと。憎悪の炎に心を燃やし続けることはもっと簡単なこと。
しかし相手を許し自分を許すことは、本当に難しいことです。去年、私はその努力が、続けられなくなり、対象の相手を極力、思い出さない、出来れば忘れ去るということににげるように決めました。
まあ、ただ単に相手の全てが怖くなったから、そうしようと思ったのでしょうが。
しかしながら、これは、間違いではないか?と最近また、思い始めました。
都合が悪くなったから相手を忘れる。
これは、とても重い罪だと、認識していることです。
私は、今、精神疾患を盾にして、その重罪を正当化しようとしている。
これは、自分が最も苦しんだ仕打ちを、自らもやってのけているということです。
正当な理由付けなんて簡単に出来ます。
しかし、正当な理由付けのもと、逃げる卑怯者のままで、本当に良いのか?
少なくとも私はよくないと思う。だから今年は、そこら辺を変えながら、胸を張って、私は、YUITAだといえるように生きていくのが目標です。価値観の相違が、あるでしょうから、あなたに理解してほしいとは、言いません。
ただ、あなたに、宣言したかったのです。
生きているか死んでいるかわからないで、毎日を過ごしている私が、一年の計をたてられたのは、とても良いことです。
それではAさんの、今年も素敵な年に、なりますように、影ながらお祈りしています。 

 

 

 

 

 

 

追伸     どんなに紆余曲折しても結局、

             あなたの事が、どうしても、

             好きです。一生会うつもりは

            ないですし、一生連絡を取る 

            つもりも、ないですが、それ

            でも私は、あなたが好きです。