命より大切なもの

歴史は、すすみ日本人の価値観が、どんどん変わって行く。

武士道とは死ぬことと見つけたり

多くの武士達は自分の命より大切なものを持っていた。

明治維新では、日本の未来の為、沢山の人間が命を懸けた。

世界大戦でも、沢山の日本人が、国の未来の為に命を懸けた。

戦後、GHQの指導のもと、日本人は、日本人の誇りを取り除かれる教育を与えられてきた。現に今現在、自分が日本人なのを誇りに思っている日本人は少数派なのは揺るぎない事実である。

自分たちがいかに悪かったか、自分たちが、いかに愚かな行いをしたかを、新聞、教育、

マスコミなどで、徹底的に植え付け日本人の牙を抜いたのだ。

確かに世界大戦で、過ちを犯したのは事実だし朝鮮人をはじめ沢山の方々に、申し訳ないことをしたのは事実だ。反省し詫びるべきだし二度と同じ過ちを犯したら駄目だ。

しかし、あの時代、戦勝国が敗戦国を、植民地化しない国などはなかった。正義の象徴のアメリカは、何をしたか?世界のルールで、禁じられていた住宅地への空襲を、ばんばん日本にしたのは周知の通りだ。真珠湾では、日本の暗号は筒抜けだったが、民意を得る為

わざと奇襲を許した。あの時、日本も宣戦布告の通達に、失敗して、宣戦布告前に奇襲をして、しまったので日本は、その点は詫びるべきだが。アメリカは、それだけではなく、人類の禁忌である核爆弾を広島にはリトルボーイ、長崎には、ファットマン、それぞれタイプの異なるものを落とし、サンプルとした。日本とアメリカの共通の教育では、原爆を落とさなければ、戦争を終わらせられなかったというものであるが、本当は日本は、その前から、終戦の打診を何度もしていた。最終局面で、日本の敗戦は誰が見ても明らかな状態だったから当然だ。まあ、そもそも日本が開戦したのは開戦せざるえない状況に、追い込まれたからであって望んで開戦したわけではない。

まだまだ東京裁判など言いたいことは、いろいろあるが、話しがそれたので、このくらいにしておく。

戦後少しずつ日本人は大切なものを失っていった。

私がまだ幼かった時代に流行ったドラマ、スクールウォーズのテーマソングの歌詞に、

「命より重い夢を抱き締めて走れよ!」

という部分があったが、今は、そんな歌詞は過激過ぎて全くナンセンスなものに、なってしまった。

私は生きる為に生きるのは、ただの脱け殻の人生だと思う。

それに比べて今のウイグル人などは、とても凄い方々が多いと、思う。

物凄い逆境、決して中国に逆らえないようにされているのに、自分の命を懸けて時には親族の命まで、賭けさせられても、誇りを失わず戦っている。

日本人も本来、命より大切な誇りを持っていた誇り高き民族だったと私は思っている。

私は、その日本人の誇りを取り戻したい。

しかし、それは容易なことではない。

自分の中から日本人の誇りを見つけること、そして自分が受けてきた教育の洗脳を自らの手で解かなければならない。

死ぬまでに日本人の誇りを取り戻し、先祖達に胸を張って、私は日本人だと言える自分に私はなりたい。