傷ついた人達へ

止まない雨はない

空けない夜はない

夏が終わればやがて冬が来る

時間が解決してくれる

 

上記のようなことを無責任に、言われるよね。

 

しかし、空けない夜は多分あります。日本で見たことないだけで、よその国に飛ばされているのが現状ならば、朝が来ない国もあるでしょう。

 

四季は必ず廻る?違います。氷河期だってあったのだから、人間の寿命以上の期間、ずっと冬だったことだってある。

 

意地悪を言っているのでも屁理屈を言っている訳でもなく、世の中そんなに甘くないと、私は言いたいのだ。

 

心の傷は、時間が癒してくれるという人もいるが、自然治癒出来るレベルの傷の話しであり、逆に傷の放置が傷を悪化させる場合も、ある。

 

結局、太陽に暗闇の暗さが理解出来ないのと同じで、自分の傷は自分以外には、理解出来ないものだ。

 

どうしたら良い?

 

それは、人それぞれだ。

 

私は、一分でも一秒でも生きていられない

苦痛と、ずっと戦い、自分の人生を傷つけ、一生治らない病気にもなり、精神も壊し、

その苦痛を25年続け、今やっと、立ち上がろうとしている。立ち上がっても、精神異常はなおらないし、病気も一生消えないし、25年間、無駄に生きたから社会的地位は、底辺だ。でも、俺は立ち上がった。一つだけ、夢を心に灯して。馬鹿らしい夢だが、私にとっては正に唯一の夢だ。

なあんだ、25年かかったけど、時間が解決してくれているじゃん。

馬鹿言っちゃいけない、時間が解決なんか、

していない。全てを投げ捨てて25年地獄を生き抜いた。沢山の取り返しのつかないことをして生き延びた25年だ。時間が解決してくれるなんて甘い言葉、とても心外だ。

解決したのは俺だ、時間でもない。まだ闇から朝は来ない。氷河期は終わっていない。

精神も壊れたままだ。結局、自分で、なんとか、したのだ。氷河期でも、闇でも、苦痛の中でも、一生障害者でも、夢を作りたちあがった。

夜は明けないよ、冬は終わらないよ。

苦痛は続くよ。雨は止まないよ。

さあ、どうする。今、何が出来る?

一歩間違えば死を迎えるなか、今はどうする?

 

私は、あなたのことはわからないから、答えやアドバイスは、持ち合わせていない。

 

ただ、話を誰かに聞いてほしいなら、私でよければ、真剣に聞くよ。だけどアドバイスや助けや、自殺ほう助などは、一切できないけど。真剣に一生懸命聞くよ。