幻覚が見える中で……

真っ暗闇の中で布団に入っているはずなのに、天井に白い雲状の渦巻きが、激しく回っているのが見える。

そう、これは幻覚だ。幻覚は、あまり怖くない。もう何十年もいろんな幻覚が見えているから慣れた。それより、恐いのは人間だ。

あの裏切りから、もう二十数年がたった。

時間が傷を癒してくれると皆に言われた。

あの当時、「時間が癒してくれる?いま苦しいんだよ!物凄く苦しくて、もう1分でも1秒でも、たえられない苦しみなんだよ!死にたいよ…………………………………………………………………………………………………………………助けて〇〇……。」

地獄の苦しみの中、何年も何年も耐えて、俺は完全に壊れてしまった。

恐いのだ!人間が!!

幽霊や幻覚なんて人間に比べると全然怖くない。生きている人間が恐いのだ。

俺は、壊れる前は、犬のように人懐っこい人間だった。人間が大好きだった。

だから、無防備だったのだろう。精神(こころ)の全てを………………………。

 

今は、完全に距離を取っている。どんな人間にも。信頼している人間にでもだ。信頼しているのに恐い?それは、おかしい矛盾している。いや、矛盾しているかどうかは、大した問題ではない。とにかく恐いのだ。

時間が傷を癒してくれる?

もう二十数年たったよ!

歯を食いしばって頑張って生きてきたよ。

治したいんだよ!

でも無理………。

春風が私のもとに毎年運んでくる。〇〇との出会いと別れの感覚を。

だから私は、大好きだった春風のことも、大嫌いだ。

春風に

想ひ苦しみ

咲き乱れ

桜のやうに

散りし我かな       YUITA

 

こころ、いつか治るかなぁ?