読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな恋の物語

私の精神を崩壊させた恋の話しは、まだする気にならないので、小さな恋の話しを、します。
私は、大学時代の、悲惨な恋とは懸け離れた、小さな恋がしたいと思い農園婚活というスマホゲームをしました。農園婚活には、農園婚活の世界があり、現実世界とは、また、別の世界が、拡がっています。そこで、私は、春風(仮名)という女性と出会いました。二人は、すぐに恋に落ちて、ゲームの中で結婚を、しました。彼女は、初めのうちは、ゲームと、リアの境を、曖昧に持っていましたので、私は、彼女との間に、リア最優先というルールを、作りました。春風は、某デパートで、ハードに働いていて、寝る時間も、少ないリアを過ごしています。
それでも、彼女は、寝る間も、惜しんで、私と、農園で、新婚生活を送りました。いつも私が、明日の仕事に、響くから、もう寝なさいと促していましたが、それでもなかなか、寝ずに私と、ゲーム内で、逢い引きをしていました。
やがて、夏も、本番になり、彼女のデパートも、セールや、お中元、極め付けには、お盆と、激務の、時期が、訪れました。彼女は、日に日に、ログインしている時間が、減り、最近では、夫婦のプライベートチャットルームに、大好き、愛してると、二三言書き込みが、あるだけに、なりました。私は、彼女の恋が覚めたのを、感じるようになりました。
そしてついに、昨日、夫婦のプライベートチャットルームに、最近、なかなかログイン出来ないから、このゲームを辞めるか悩んでいると、書き込みが、ありました。私は、悟りました。恋が終わったのを。アバターを、作り、チャットで話し、二人の農園を持ち私達は、確かに恋に落ちました。だから、こんな、小さな恋でも、終わりを知ると、胸が張り裂ける思いが、します。でも彼女は、まだ、27歳で、独身。リアを大切にして、リア(現実世界)で幸せを、手に入れるべきです。私は、とても悲しいけれど、笑顔で、彼女を、リアに、送り出すと、決めました。もう少ししたら、彼女と、あっちの世界でも、夫婦では、なくなり、あかの他人になると、思います。こうして、私の異世界での、小さな小さな恋は、今、終わろうとしています。
春風、ありがとう。ほんの短い時期だったけど、本当に、恋が、出来ました。春風のリアに、幸あれと心より願います。
ちなみに農園婚活の、世界も、甘くなく、離婚すると、バツイチと、表示されます。農園婚活の世界で、バツイチになっても、また、小さな小さな恋に、巡り会えるのでしょうか?失恋は、痛いし、苦しいですが、私は、現実世界で、恋する権利も、放棄して、這いつくばり、なんとか、生きてきました。だから、そのぶんを、取り戻す為にも、農園婚活という異世界で、また小さな小さな恋をしたいと思っています。