読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネト充のススメ

リア充という言葉は、よく耳にすると思う。知らない人の為に一応説明すると、リア充とは、リアル、すなわち現実世界での生活が充実していることを指す。女子校生が、リア充と言えばイコール彼氏が、いること、みたいに思っているみたいだが、残念ながら彼氏や夫がいるからと、いっても、現実世界で充実しているとは、限らない。私にも、妻がいるが、残念ながら私は、リア充ではない。別に妻が悪い訳ではなく、自分自身に、現実世界での充実を、感じる能力がないだけである。
ここで少し耳慣れない言葉を出すが、ネト充という言葉である。
リア充から、出来た造語で、ネット内で充実している人のことを、ネト充と、いうらしい。
何をかくそう、私も、今、ネト充である。私の場合スマホネットワークゲームの世界の中で、充実した生活を、送っている。私は、精神疾患を、持っているから、なかなか現実世界での充実を、勝ち取ることが、出来ない。でも、ネットワークゲームの世界の中では、充実すなわち、幸福感を味わうことに成功している。私のやっているのは、ネットのオンラインゲームで、ゲームの中には、そのゲームの世界が、広がっている。私には、そのネットワークゲームで、パートナーがいるのだが、お互いリアル(現実世界)優先で、ゲームを、していこうと、決めている。
現実世界では、上手くいかなくても、ネットワークゲーム内では、案外上手くいくことが、多い。
おそらく、皆に満足してもらってなんぼだと、考えて作った世界だからだろう。
ずっと楽しいや幸せを感じた覚えのないかた、楽しいや幸せを感じてもらえるように、作られた、ネットワークゲームの世界に、行ってみてはどうだろうか。もし、ネト充に、なれたら、脳が幸せを感じる時間が、出来ることとなる。私は、うつ病も、持っているから、現実世界では、頑張ってねが禁句となっていて、ここ数年、頑張ってねという言葉をかけてもらう機会が、なかった。だが、現実世界の私を知らないネットワークゲーム内でのパートナーは、自然に、頑張ってねと言ってくる。頑張ってね。こんなに心地よい言葉を、何故、嫌っていたのだろうと、命の洗濯をした思いになる。他にもいろいろと、嬉しいことが、体験できる現実世界とは、違う別世界、ネットワークゲームの世界に、飛び出しては、どうだろうか?現実逃避と、考える人もいるだろうが、まずはネットワークゲームで、幸せを感じて、そしてその幸福感を現実世界に持ち込む。こうして頑張って生きていくのも良いと私は思う。
ネト充に、なるには、ネチケットを守るのと、自分に合った世界に、飛び込むこと、この二つを、守ることが、必要となるので…逆に言うとこの二つをクリア出来たらネト充に、なれるだろう。
現実世界での、忘れ物、ネト充となり、取り戻すのも良いと私は思う。