読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自立支援医療の手続き

皆さんの中で、医療費を気にして、心療内科や精神科に、かかるのを躊躇っている方が、いるかもしれません。確かに診察料は、ともかく、薬代は、どの薬を、どれだけ使うかによって違いますが、けっこうな額に、なる場合が、あると思います。
しかし、病名によっては、自立支援医療を、受けられる場合もあります。私の場合は、パニック障害という病名も、含まれているので、パニック障害で、自立支援医療を受けさせてもらっています。
私の例だと、まず医師の診断書をもらい、市役所に行く。あと、課税証明を、とり、私の経済力を、知ってもらう。それで、医療費は、一割負担に、軽減され、さらに、月5000円を、越えたら、それ以上は、払わなくていいというものです。(経済力によって額は変わると思います。)
更新は、1年ごとですが、診断書は、二年に一度でOKです。
私は、知識が、乏しいので、他にどの症状が、自立支援医療に該当するのかは、分かりませんが、何らかの症状で、投薬治療を受けるときは、医師に、相談してみるのも、良いかもしれません。
さて、私は、ちょうど今ごろが、二年目だったので、自立支援医療の更新に、行って来ました。
完全武装で、死に物狂いで行く職場とは、違い、丸腰で、役場に更新に、いったので、かなり、辛く、かなりおかしくなって、しまっていました。大切な税金からの、支援なのだから、大変なのは、仕方がないけど、パニック障害の人間には、かなりハードル高い、厳しいものだと、再認識して疲弊して帰ってきたYUITAでした。