躁転の後の恐怖

気付く人もいるだろうが、自分が躁転していたことに、私は、あまり気付いていなかった。
この前の日曜日の朝、仕事中、三人に〔YUITA今日は、どうしたの?〕と聞かれたことを、思いだす。
そういえば、なんかハイテンションで、調子の良いことを言っていたような…。
いや、言動が、おかしかったよな。
と、やばいなぁ、ちょっと、いや、かなり調子に乗っていたなぁ(汗)
いつから躁だったのか?ちょっと分からない。日曜日の朝だけで三人に指摘されたことは、覚えている。
前のブログでも、親友の卯月に、いつか必ず、トラウマによる症状を治すと、確か、豪語したなぁ(汗

トラウマによる症状が、約二十年経っても治っていないのに(汗)
卯月のことが親友として好きなのも、今後も、今まで通り、普通に、接してほしいのも、事実だけど、あのブログも、かなり調子に乗っていたなぁと。(汗)
躁転、とても恐ろしい((((((゜ロ゜;
口から出た言葉や、文字、行動は、後から変えられない…。
ちなみに、今、反動か、また、うつ状態に入りました。
YUITAは、もう少し、自分を、分析や操縦が、出来るように、ならないと、と思う。
まあ、もっとも、それが、出来たら精神科になんか、いかないけど…。(終)