ひとつばな

最近読んだ漫画で「ひとつばな」というものがある。なんでも、ひとつばなとは、心に咲く花で、その花を一旦咲かせてしまうと、

地位も名誉も常識さえも捨て去ってしまうという、呪いの花とのこと。花を咲かせた人は不幸になるそうだ。その花以外の全てのものを壊し続けてしまうからという理由らしい。

実は私は、その花を、よく知っている。

姿かたちも、克明に覚えている。そしてその花を咲かせた人がどうなるかも………身を持って知っている。そう私も、ひとつばなを咲かせた一人だからだ。ひとつばなは一度咲いたら最期、もう咲く前までの自分に戻れない。

私も、夢やそれまでしてきた努力や身体や社会的地位など、すべて壊し続けて生き続けた。あの花は咲かすべきではなかったと、今でも思う。この花の根は根強く、今なお私を支配し続けている。私は、19才の時に咲かせたひとつばなから、逃れることなく人生を終えるであろうと今でも確信している。

言えないよね

今日は、なんだかとても疲れている。

疲れた

なんて、まわりにとても言いにくい。

人生に疲れている私だから、尚更だ。

こんな日は、いつも思う。

「このまま泡になって消え去りたい。全ての人の記憶から私を消してほしい。」

 

それでも生きていかなければならない。

私の大切な人達のために。

 

夜勤まで、あと数時間、少しでもねむれますように☆

自殺

最近、報道番組で頻繁に、やっている、某自殺関連のニュース。

死に、憧れている私なりの感想。

あくまでも私なりの感想なので、正しい、間違っているは、置いておいて、こんな考えの人も、いるんだな程度に思っていただけたら幸いです。

まず、年間、約3万の人が、自殺しているとの統計。たぶん、かなり間違っているのではと思う。私は死に憧れているから、しぬなら、どんな感じに死にたいか、よく考える。

室内で死んだら、その後の処理や事故物件などのことで、死んだあとも、大変迷惑を、身内や、その他もろもろに、大きくかける。

飛び込み自殺も、同様だ。一人で死ぬのが怖いから自殺サイトで、アカの他人と死ぬのもあとあと、必要ない誤解などで、残された人間に、大きな迷惑を、かけてしまう。

    まあ、ハッキリ言って自殺して迷惑のかからない方法など、この日本には存在しないと私は、思う。だから私は、義務感だけで、精神科で薬をもらいながら、歯を食いしばって死ぬのを堪えて生きている。

 

少し的外れな、ことばかりかいたので、少し話しをもとに戻そう。

人は、死を選ばなければ、毎日いや、毎分、毎秒が、生きていけないほど、苦しい状態に陥ったら、まず、なにかしらのサインを、まわりに出す。コレを一般的にヘルプ信号などという。文字通り、現状の苦しみから、とにかく助けてほしい、その1点だ。今回の某事件の被害者の多くは、このヘルプ信号を出していたか、またヘルプ信号をだしても、対応してくれる人が現れないうえに自分でも、どうにもできないから死の淵まで、一歩、足を踏み入れた人なのではと私は推察している。

だから、今回の被害者たちは、本当は、救いを求めていたのだと思う。

 

救いを求めないで、なおかつ、いじめや失恋などの復讐の為に死んだ人以外の、自殺者はなにを考えるだろう?

 

自殺は、身内に多大な迷惑を、かける。

それに、まわりに自殺を、ほのめかしたらそれだけ自殺の成功率も下がる。

だれにも、言わず、迷惑は、最小限に、

と考えたら、おのずと、見つかりにくい死を選ぶだろう。

例えば、身投げしたら絶対に死体が上がらないと言われている場所からの身投げや、絶対人の入って来られない樹海の中心とか、海外で、それに準じた場所など。

 

つまり、ヘルプ信号も出す気はなく、極力まわりに迷惑を、かけたくない人は、死んでも気づかれず行方不明者に、なっている場合がかなりあると思う。

 

届けのない行方不明者を含めた、行方不明者の人数は、計り知れないほど多いはずだ。

その中に沢山の自殺者も、いると私は思う。

 

かの人生の成功者の徳川家康でさえ

 

人生とは、遠い道を重荷を背負って行くが如し

 

と言っていたと聞く。

生きていくとは、それほど大変なことなのだと思う。

 

どうか、皆様、生きる意義や喜び、目的を

見つけて良い人生を歩んで下さい。

 

そして、今、死にたい人。私は、素人で、あなたを救うことや、アドバイスは出来ませんが、話しだけなら、真剣に聞き、その苦しみに、寄り添うことぐらいなら私にも、できますので、どこにもヘルプ信号を出す場所がないかたは、私でよければ、話しをおきかせ下さい。念の為、書いておきますが、自殺を、すすめたり、ほう助したりは、絶対に、しませんので、悪しからず。

11月1日

11月1日は、私が昔、世界一大切と思い、私を世界一苦しめた、そして私を狂わせた、

人の誕生日だ。

もう20年以上まえのことだが、私には、

まだまだ、現在進行形で苦しみやトラウマが、続いている。

今日は、とても心が苦しい。

夜勤まで、寝て少しでも、まともな状態で仕事ができるように努めます。

おやすみなさい☆

追伸

乱文&意味不明なブログで失礼しました。

ADHDと思われる職場のAさん

職場にいるADHDと思われる、何事にも、不器用なAさんが今日、私に言いました。

「YUITAさん(私のこと。)は、いいよなぁ。俺は、スグに顔にでちゃう。」と。

客観的に見て、Aさんは、人並み以上に、怒りや、嫌ということを、顔に出してはいない。確かに人並みには、感情をおもてに出すが、あくまで人並みだ。

彼はADHDと思われる様々な行動や言動で、客や仕事仲間の怒りを買ってしまうだけだ。だが、彼は、それが分からずに、あからさまに聞こえてくる自分への悪口?を、自分が、

ポーカーフェイスが出来ていないから嫌われるのだと勘違いしているようだ。

彼から見て私は、羨ましいのかも、しれない。私は彼の半分の優しさも、持っていないし誠実でもない。しかし、幼少から培ってきた他人との距離感や、関係作りのノウハウは、身体にしみ込んでいるから、職場で私を、悪く言う人や敵は、今現在見当たらない。Aさんは、優しくて、仕事にも真摯に励んでいるにも、かかわらず、Aさんの半分以下の仕事に対する真摯さの私を褒める声は聞こえてくるのに、自分の他人からの評価は、聞こえてくる悪口プラス上司からの辛辣なダメ出しだ。世の中は、なんて不平等なのだろうかと心底思う。

しかし、私はAさんが、職場いち、まっすぐな人なのを知っている。

だから、私は、Aさんに、こう答えた。

「Aさんは、職場で一番まっすぐな人ですよ。いざという時や、最終的には、まっすぐな人が一番、強い信頼を得るのですよ。」と。

何事にも不器用で、頑張りが、なかなか他人からの評価に繋がらないAさん。しかし、誰よりも、まっすぐで優しいAさん。

 

Aさん。どうか、世間に負けないで、いつまでも、まっすぐで、いて下さい。

それが、あなたの最大の魅力なのだから。

 

Aさん、世間に負けて、優しさや、まっすぐさを失った、私のようには、ならないで、下さいね。

あなたの最大の武器は、何事にもまっすぐで真摯な、ところです。

 

トラウマを全て食べたい

今日は、久しぶりに、母校(大学)付近に用事が、あったので行ってきました。

死ぬ気で、頑張り勝ち取った憧れの、大学生活、初めての一人暮らし。そして、未だに、解放されない、トラウマを産んだ場所。

キャンパスに近づくに連れ、発作が、発動。

もう、20年以上も、昔のことだよ。あいつも、ここには、いないんだよ!なのに、震えや、吐き気、頭痛、目眩、呼吸困難が、起こる。キャンパスの近くに、用事があって、きただけだよ!!もう、苦しまなくて、いいだろ!!

昔の民間療法で、自分の身体の悪い部位を、食べるというものが、あったと聞く。

例えば、肝臓が悪い人は、動物の肝臓を、心臓が悪い人は、心臓を。

最近、ヒットした、君の膵臓をたべたいも、多分、上記の内容が、関連したタイトルだと思う。(違っていたらごめんなさい。)

 

私のトラウマは、何処を食せば良いのか?

脳ミソか?心だから心臓か?やはり、精神だから脳ミソだろうか?

 

人生との向き合い方☆

人を適として   

 

自ら其  適を適と

 

せざる者なり

 

                荘子

 

 

自分の適性と、できることを考えて

行動し、人生を送る。分不相応なこと

に、手を出さずに。

上の文は、荘子の言葉。

下の文は、私なりの解釈。

なので、解釈の部分は、間違っているかもしれないので、悪しからず( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

向上心や、やってみなければわからないという気概は、悪くないと思うが、ある程度、

自分の適性や出来ることを、理解し人生を送ることは、とても良いことだと、ある程度

自分の適と否を経験してきた今、自分は、そう考える。