精神疾患で悩んでいる方へ

「脳の調子が悪い」この表現が、正しいか否かは分からないが、私には、脳の調子が、突然悪くなる時がある

。具体的には、強烈なうつや、いつも、やっていることが出来なく(分からなく)なったり、躁状態になったりなど、様々である。

仕事中に、なる場合が、よくあるのだが、所謂、精神異常的な時と脳の回線と回線が、上手く繋がらない時の二種類が、ある。

どちらも、仕事中、発生したら職を失いかねない緊急事態だが、とくにヤバいのは、精神異常的な場合である。私は、様々な症状を持っているが、そのなかの1つが、弱い波の、躁うつである。もし、なみが激しかったら、躁状態の時、間違いなく今の生活を破壊しているだろう。双極性障害について、知識のあるかたなら、その恐ろしさは、分かると思う。まあ、私は、今のところ波の弱い躁うつだから致命傷は、なんとかまぬがれているが。でも、なんとかだ………。

今日は、躁状態とは、少し違っていて、なんだか言葉の一つひとつに攻撃性が、あって、

これは、マニュアル的な言葉以外は、極力しゃべらないようにしなければ、村八分になると危機感を覚えた。他にも私には、パニック障害PTSDや幻覚、幻聴、死に憧れる、突然の「殺す」などの奇声など、様々な、ものを抱えている。

こんな人間に、スーパーマーケットのナイトマネジャー(レジや雑用含む)が、勤まるのか?

答えは、自信を持ってYESとは、言えない。

いま、この仕事を10年くらいやれているが、

綱渡りで、続けてこれただけだから、運が良かったから、続けられているだけかもしれない。

余談だが、私の他に、明らかにADHDであるAさんも同じ職場で働いている。ナイトマネジャーである私は、彼のフォローや環境作りをしながらも、彼には毎日ハラハラさせられている。それでも、Aさんは、なんだかんだで、もう、2年から3年働いている。

      症状というか状況を見たら、明らかに、スーパーマーケット勤務が、無理な私とAさん。それでも今のところ働けている。

状況だけで、無理だと諦めないで、思い切って、社会復帰してみると、案外、なんとかなるかもしれません。やる前に諦めているかた、私やAさんみたいなケースもあると、知ってほしいです。ただ、私やAさんは運の良かった稀有な、存在なのかもしれないので、自信を持って、まずやってみてとは、私にはいえませんが。

最後に、「知識も薄いし、何も分かっていないくせに偉そうなこと言いやがって!!」

と思われた方。全くもってその通りです。

私の話しが、全くもって的外れで、気分を害した方、深く、お詫び申し上げます。

 

Q&A どうやったら死ねるの?

Q    どうやったら死ねるの?

 

 

A    簡単さ、生きればいいんだよ!

       なにせ、生きていればたとえ

       死にたくない人間だろうと

       必ず死ぬんだから!  

 

 *人間は、無理に死のうとしなくても

    普通に生きているだけで死ねるようです。

     逆は、とても難しいと思いますが。  

 

       

伝わることのない想い

拝啓A様

ご無沙汰しています。いかがお過ごしでしょうか?
私は、相も変わらず、どうしようもない人間のままです。
自尊心が強いくせに、それに伴う忍耐力や能力に欠けた、あなたが昔、思ったような欠陥品のままです。
しかしながら欠陥品は欠陥品なりに思うこと、目標などが、その生きる刹那に湧き上がります。
私は、思うのです。人を変えようなんて、弱くて自分勝手な人間がすることと。
だから自分が変われるように研鑽していきます。
今年の目標は、人を憎まないことです。もともと私は、それほど人を激しく憎む人間ではないと、自分では思っています。しかしながら、今なお、どうしても激しい憎悪を抱いてしまう時がしばしばあります。
私は思うのです。人を憎むのはとても簡単なこと。憎悪の炎に心を燃やし続けることはもっと簡単なこと。
しかし相手を許し自分を許すことは、本当に難しいことです。去年、私はその努力が、続けられなくなり、対象の相手を極力、思い出さない、出来れば忘れ去るということににげるように決めました。
まあ、ただ単に相手の全てが怖くなったから、そうしようと思ったのでしょうが。
しかしながら、これは、間違いではないか?と最近また、思い始めました。
都合が悪くなったから相手を忘れる。
これは、とても重い罪だと、認識していることです。
私は、今、精神疾患を盾にして、その重罪を正当化しようとしている。
これは、自分が最も苦しんだ仕打ちを、自らもやってのけているということです。
正当な理由付けなんて簡単に出来ます。
しかし、正当な理由付けのもと、逃げる卑怯者のままで、本当に良いのか?
少なくとも私はよくないと思う。だから今年は、そこら辺を変えながら、胸を張って、私は、YUITAだといえるように生きていくのが目標です。価値観の相違が、あるでしょうから、あなたに理解してほしいとは、言いません。
ただ、あなたに、宣言したかったのです。
生きているか死んでいるかわからないで、毎日を過ごしている私が、一年の計をたてられたのは、とても良いことです。
それではAさんの、今年も素敵な年に、なりますように、影ながらお祈りしています。 

 

 

 

 

 

 

追伸     どんなに紆余曲折しても結局、

             あなたの事が、どうしても、

             好きです。一生会うつもりは

            ないですし、一生連絡を取る 

            つもりも、ないですが、それ

            でも私は、あなたが好きです。

応えられた祈り(2回目)

あけましておめでとうございます。

今年も、あたたかい目で見て下さったら幸いです。

応えられた祈りは、去年も年初め頃に、アップしましたが、今現在の私に、ぴったりの詩なので、私のお気に入りの一つです。

年初めということで、初心に帰るためにも、今回も、アップあせていただきました。


応えられた祈り

大きなことを成し遂げるために
力を与えてほしいと神に求めたのに
謙遜を学ぶようにと弱さを授かった

より偉大なことができるように
健康を求めたのに
より良きことができるようにと
病弱を与えられた

幸せになろうとして
富を求めたのに
賢明であるようにと
貧困を授かった

世の人々の賞賛を得ようとして
成功を求めたのに
得意にならないようにと
失敗を授かった

人生を享楽しようと
あらゆるものを求めたのに
あらゆることを喜べるようにと
生命を授かった

求めたものは一つとして
与えられなかったが
願いはすべて聞き届けられた

神の意に添わぬ者で
あるにもかかわらず
心の中で言い表せないものは
すべて叶えられた

私はあらゆる人の中で
最も豊かに祝福されたのだ

J・ロジャー・ルーシー神父

 

 

 

いつくしみ深き

年末の挨拶に、来ました。今日も明日も夜勤なので今から、寝る予定です。

心穏やかに過ごせるように祈りを込めて賛美歌312番の「いつくしみ深き」を今、聴いて布団に入りました。

私は無宗教ですが、賛美歌には、好きなものが、いくつかあります。

いつくしみ深きは、なかでも、好きな歌です。

ではでは、皆さま、良いお年を。

 

世界中の皆さまが、少しでも良い年末年始を過ごせますように(祈)

 

ひとつばな

最近読んだ漫画で「ひとつばな」というものがある。なんでも、ひとつばなとは、心に咲く花で、その花を一旦咲かせてしまうと、

地位も名誉も常識さえも捨て去ってしまうという、呪いの花とのこと。花を咲かせた人は不幸になるそうだ。その花以外の全てのものを壊し続けてしまうからという理由らしい。

実は私は、その花を、よく知っている。

姿かたちも、克明に覚えている。そしてその花を咲かせた人がどうなるかも………身を持って知っている。そう私も、ひとつばなを咲かせた一人だからだ。ひとつばなは一度咲いたら最期、もう咲く前までの自分に戻れない。

私も、夢やそれまでしてきた努力や身体や社会的地位など、すべて壊し続けて生き続けた。あの花は咲かすべきではなかったと、今でも思う。この花の根は根強く、今なお私を支配し続けている。私は、19才の時に咲かせたひとつばなから、逃れることなく人生を終えるであろうと今でも確信している。

言えないよね

今日は、なんだかとても疲れている。

疲れた

なんて、まわりにとても言いにくい。

人生に疲れている私だから、尚更だ。

こんな日は、いつも思う。

「このまま泡になって消え去りたい。全ての人の記憶から私を消してほしい。」

 

それでも生きていかなければならない。

私の大切な人達のために。

 

夜勤まで、あと数時間、少しでもねむれますように☆